汗染み対策のために作られたシャツ フレッシュマックス

シャツの汗ジミでお悩みの男性へ フレッシュマックスシャツのご案内です。

商談も、会議も、デートもこれなら気にせず、上着を脱げる。

フレッシュマックシャツでもう、汗ジミの心配もいりません。

発汗、それは人間にとって当然の生理現象です。脇汗・背中の汗、汗がシャツに染みてお困りの方の多いことでしょう。この脇や背中をはじめとする発汗、汗をかくという生理現象は、男性女性に関わらず多くの人々にコンプレックスを引き起こしています。その代表的なものが、衣類への汗染みでしょう。

脇の下、背中、胸周りなど。大事な場面で着ることが多いシャツに多い汗染みの問題。そんな悩みを解消する為に開発されたのが、このフレッシュマックスシャツです。開発国イギリスでは、発売以来多くの人々の悩みを解消することに貢献しています。

創業者である2人のイギリス人、オリバー・ヴァン・エムデンとブラッドリー・ローズにより開発されました。2人は、学生時代に汗染みのできないシャツが作れないかと研究を始めます。その後、様々な困難に遭遇しながら、実に8年物時間を費やした結果、Smart Weaveという汗染みを作らない生地自術の開発に成功します。このSmart Weave生地を使用したシャツこそがフレッシュマックスシャツなのです。

なぜ汗ジミができないか。

汗が染みない秘密を図で紹介

開発者である二人が、8年もの時間を費やし開発した生地の織り技術に秘密が隠されています。通常の生地は、水分が吸収されると拡散されずに生地を貫通します。

しかし、この技術は特殊生地構造により水分が生地を貫通せず外側に拡散されるよう織り込まれ、吸収された汗(水分)が予め定められたルートを通って外側へ外側へと拡散していきます。

水分を貫通させず外側に広げる事で、汗染みの基になる生地内の水分飽和を防ぎ、また水分が拡散して表面積を広げる事で、蒸発スピードを早め、止めどなく流れる汗のスピードにも対応し、汗染みを防ぎます。

この水分を貫通させずにより広く拡散する技術こそがフレッシュマックスシャツ生地の最大の特徴です。

ページトップに戻る

汗ジミ対策のシャツフレッシュマックス ご購入はこちら

汗ジミができないだけではありません。

汗ジミができません。

もう汗ジミで悩まない

ビジネスマン・ビジネスウーマンにとっては、猛暑時であってもスーツにシャツのスタイルや、社内ユニフォームは必須です。昨今ではクールビズスタイルが定着しつつありますが、それでもネクタイの不着用位で、シャツは必至なところもまだまだ多いはずです。

通勤時や外出時などにシャツの汗染みがどうしても気になってしまうのはほとんど人が経験済みだと思います。その悩みを一気に解決してしまうのが、フレッシュマックスシャツの大きな特徴です。

汗ジミが見えない度テスト済み

フレッシュマックスシャツブルー

気になる「どれほど汗が染みないか」という点について、フレッシュマックスシャツは第三者機関である一般財団法人カケンテストセンター様による「汗染みの見えにくさ」という評価項目(最大値5等級)で試験を実施しています。

その結果、通常、一般の綿生地に関しては5段階評価で1〜2等級であるところ、フレッシュマックスシャツは等級4〜5という高評価を取得しております。

これは、綿100%素材の生地(シャツ)としては、驚異的な数字であり、 「汗が染みにくい」ことを実証しているものといえます。

綿100%だから、着心地も抜群

シャツの汗染みを気にせず、上着を脱げます。

現在販売されているシャツの多くは機能性を持っています。しかし、その多くは化学繊維で構成されているものが多いのも事実です。フレッシュマックスのシャツは、綿100%の素材を特殊に織り込むこと、その綿糸自体に加工を施すことで生み出されいます。天然素材の着心地を楽しんでいただきたいシャツでもあります。

綿100%なので水分の吸収性に優れています。さらに特殊な生地の構造により水分が拡散するように設計されています。この水分が拡散されることにより速乾性を高め、常にサラサラな状態を保つシャツに仕上がっています。

ページトップに戻る

フレッシュマックスシャツ ご購入はこちら

フレッシュマックスシャツの動画をご覧ください。

ページトップに戻る

フレッシュマックスシャツ ご購入はこちら

お客様から届いた喜びの声

フレッシュマックスシャツはオードドックスなタイプで、カラーは4種類

男性用、カラーは全4種類

シンプルなデザインで幅広い年代の方に

袖口イメージ

ページトップに戻る

フレッシュマックス ご購入はこちら

フレッシュマックスシャツ体験記

営業マンのみだしなみとして

これまで使用していたシャツはシミがはっきりわかります。

クールビズの傾向はあるものの、やはりワイシャツはビジネスシーンには欠かせません。営業職の主人は、ワイシャツ15枚を順番に着用しています。15枚は多いでしょうか?実は汗に悩まされた結果この枚数になったのです。

営業エリアが九州・沖縄という気温の高い地域なので、汗が出るのも当たり前ですが、汗じみのついたワイシャツで大切な取引先との商談は失礼ですし、几帳面な性格だけに汗じみは営業マンの身だしなみとして許せないようです。汗じみが気になる時には、わざわざワイシャツを着替えることもあるとか。

その上、主人はとても敏感肌です。汗をかいた後は皮膚が乾燥し、かゆみの原因になります。とにかく皮膚科の医師からも汗には注意するように言われています。

洗濯ものを一手に引き受ける妻としても

ご覧の通り、汗染みにはなりません。

洗濯物を一手に引き受ける妻としても、汗じみと一緒にワイシャツに付着する皮脂汚れ、着用回数が増せば増すほど汚れが目立ち、洗濯してもなかなかキレイに落ちません。汚れ落ちの良い洗剤を使うとワイシャツの生地が早くいたむので、買い換え時期も早くなり、結果的にワイシャツ代もかさみます。汗じみ専用クリーニングだと2,000円もかかるので、毎回出すわけにもいきませんし、主人同様、私も汗じみ対策には悩んでいました。

最近ふと気づいたのですが、年々この汗じみと皮脂汚れが頑固になっているような気がします。からだから分泌される物が違ってくるのでしょうか?30代の汚れと、40代の汚れは明らかに違うと思います。

私もワイシャツは消耗品だと思っていますが、頻繁に買い換えるのも考えものです。そうかと言って、主人の戦闘服でもあるわけですから、ヘタなものは着せられません。汗じみ対策さえバッチリできれば、全てが解決することはわかっていたので、暇を見つけてはネットで情報をチェックしていました。

ネットでフレッシュマックスを見つけた

ネットで見つけて即お試し

ネットでフレッシュマックスを見つけた時は、商品説明にもある「汗じみをつくらない」「天然素材100%」「着心地さらさら」が理想のワイシャツの条件を満たしていた事と、紳士の国イギリスで発売初年度、10万枚突破!の文字に引き寄せられました。

注文すると2日目には到着。注文したのはブルーのMサイズです。沖縄→鹿児島出張の荷物に入れました。主張先からかかってきた電話ですぐにわかりました。フレッシュマックスをとても気に入った様子で、主人の希望もあって翌日には色違いを2枚注文。

汗じみや皮脂汚れの違いが明らかでした。

着用後の襟元

実際に着用した主人の感想は、汗じみどころか汗そのものを意識することなく1日快適に過ごせたそうです。沖縄でさえ、ワイシャツを着替えなくてもOKだったことに主人は大変満足していました。見ため以上にサラっとした着心地で、今までのワイシャツと比べて襟元や袖の汚れも付きにくいこともポイントです。

確かに洗濯物を見ても、汗じみや皮脂汚れの違いはあきらかでした。春は襟元、夏になるとワキや背中の汗じみが気になっていましたが、フレッシュマックスは汗じみ知らずのノンストレスワイシャツ。

15枚のワイシャツを順番に着用していましたが、今ではその1/3の5枚のフレッシュマックスで充分です。ワイシャツにかかるトータル的な値段を比べると費用が減り、お洗濯もキレイになり、主婦にとっては嬉しい限りです。

汗じみで悩んでいる方にはぜひオススメです。一度着ると、その違いがわかります。

ページトップに戻る

フレッシュマックスシャツ ご購入はこちら